【おじいちゃんと孫】
ゲーム 編
今日はおじいちゃんの家に遊びに来ているのだ!

おじいちゃんはゲーム好きで、昔のやつから今のやつまで、たっくさんあるのだ!

「というわけでおじいちゃん、ゲームをするのだ!」

「よしきた孫よ! で、どのゲームをするのぢゃ?」

「うーん……いつみても、たくさんあるのだ」

「おうよ、RPG、アクション、シューティング、対戦格闘なんでもあるのぢゃ!」

「これはなんなのだ?」

「おお、さすがはわしの孫ぢゃな、それに目をつけるとは只者ではない! それはな、空飛ぶ天狗の面が敵を倒していくという、奇妙奇天烈なシューティングぢゃ!」

「じゃあ、こっちは?」

「ふむ……こいつはお前にはまだ早い」

「はやいのだ?」

「うむ、わしは構わんが、お前とこのゲームをやった事がばあさんにバレると、こっぴどく怒られた上にコントローラーやACアダプタをしばらく隠されてしまうのぢゃ!」

「それはかわいそうなのだ」

とか、いろいろおじいちゃんと話して、遊ぶゲームを決めたのだ!

ゲーム機もたくさんあって、ソフトもカセットやCD、DVDとか、種類がいっぱいあったのだ!

さあおじいちゃん、ゲームをするのだ! 負けないのだ!