【女子高生達の雑談】
入浴 編
「キョウコ、今日はいいニオイがしますネ」

と、シンディがキョウコの髪に顔を近づけて鼻をクンクンさせる。

「ちょ!? な、なに?」

慌てて、飛び跳ねるような勢いでシンディから離れるキョウコ。

「いいニオイ、ですネ」

シンディは気にせずニコニコしてる。

「おー、キョウコが照れてる。珍しいなー」

彼女達のやりとりを見ていたサナエは、楽しそうに笑う。

「何、香水でもつけてんの?」

イクミが尋ねると、

「そんなんじゃないよ、シャンプーと……あとはたぶん入浴剤の香り、かな?」

と、まだ若干顔を赤らめたまま、キョウコは答えた。

「へー、入浴剤かー」

「ワタシも使ってますヨ」

「あたしもー。ちなみに何の香りのやつ?」

とたんに、入浴剤の話になる。

他、お風呂で最初にどこから洗うか、とか、入浴の時間など、休み時間のひとときをお互いのお風呂タイムの話題で盛り上がる、彼女達なのであった。