【少年達の日常】
駄菓子屋 編
4人の少年が、とある駄菓子屋の店内にいました。

「今日は100円あるからな、何でも買えるぜ!」

ケンジが銀色の硬貨を手にそう言うと、

「よし、おごれ!」

ケンジと一番仲が良いサトシが、ケンジの肩を叩きます。

「俺、おばけけむり買おうかな」

ゴロウは食べ物より、怪しげなグッズに興味がありそう。

「いいな! これ顔に塗りたくったらどうなると思う? やってみっか!」

一番元気なユウタが、そんな事を言いつつ、目を輝かせていました。


結局みんな駄菓子を買ったのですが、全員違う種類で、違う個数だったようです。

この後、少年達は買ったお菓子を食べながら、仲良く遊びました。

体のあちこちにおばけけむりを塗ってはしゃぎまくったユウタは、家に帰ってからお母さんに「また馬鹿なことをして!」とこっぴどく怒られたそうです。